img20090126.jpg
  食卓に煮物がある風景は「いい食事」の代名詞のように思う。


  私の育った食卓にも,いつも季節の食材を上手に組み合わせた煮物が

  置かれていました。

  母は魚の缶詰と大根を煮込んだものや乾物の含め煮など取り合わせが

  うまく<よく考えつくもんだな~>と思いながら食べていたっけ。。。

 
  この時期に私が,よく作る煮物といえば,切り干し大根。

  冬になるとあちこちで売っているから何袋も買い込んで思いついたら

  なにげによく作ってしまいます。

   その時にあるものを出来るだけたくさん入れると又それはそれで

   微妙に違った味が楽しめるから想定外の楽しみも発見できるのです。

   だから思いのほかたくさんの量が出来てしまうけど2~3日は

  飽きずに食べれるし忙しい時にこういうものがあるとホッと癒されます。

    

    

     そんなわけで今日は前の日に浸けておいた大豆と車麩も

      入れてホラ!こんなに美味しげに出来ました。



    今週は忙しいと思ったら真っ先に作ってしまうこの数年の私の

    おかずの自衛策となっているのかも・・・・


     肉や魚の主菜にも負けない[日本のおかず」

    大皿に盛るとドカッと存在感がでて小鉢に盛ると独特の品格を

     かもし出す不思議なおかずです。