この時期になると我が家には採れたてのいろいろなものが届けられます。摘んだばかりの青菜やブロッコりー、たらの芽などの山菜、そしてすごいのは1時間前までは竹林に生えていた竹の子。うれしいのは、山々だけど代わりにスゴーク忙しくなってしまいます。そう、新鮮なうちにゆでたり塩漬けしたりしないとまずくなってしまうからです。特に竹の子は採れたては生のまま刺身として食べるのが最高でしょう。先の柔らかい部分には甘みがあって、もう答えられない美味しさです。そして真ん中の部分は煮物や酢みそ和えにします。下の固いとこは細かく切って竹の子ご飯にします。そしてみそ汁にもします。これら全部、ゆがかないでも平気なんです。だからかなりのスピードでどんどん調理していきますが、竹の子づくしの夕食はこの時期に与えられた年に一回の最高のプレゼントです。自然と採ってきて下さった方への感謝を心に刻みながら『今年も食べられたね!」と言ってわくわくの気持ちで食卓を囲みます。
旬の美味しさは心も体も、優しくしてくれます。