2007年06月

おすし&サーモン_カナダ3

カナダのアボガド巻きは有名ですが、今回訪れてみて初めてわかったのです。もはやカナダのおすしは日本のおすしを離れて一人歩きをしていそうだって事。マンゴウで巻いてあったり揚げたイカを巻いたり(これをドラゴン巻きというそうだ)という具合で実にカラフルでダイナミック。繊細な日本のおすしのイメージでは、なかったのです。食べては確かに創造的で美味しいのです。
おすし屋だけでやっているわけではなく他に焼きとりやあさりの酒蒸しやいろいろな居酒屋メニューと共に出していることが多そうです。カナダ巻きは美味しいけれども『日本のおすし』ではなく彼らが彼らなりに日本のお寿司をヒントにして独自に創りだした新しい食の文化といえるでしょう。
それと意外だったのは、あんなに海が近いのにシーフードをあまり見る機会がなかったことでした。大きな市場には確かに魚のコーナーがありますが、肉や野菜やケーキ売り場に比べたら貧弱でした。講習会で使うサーモンを買ったら何と半身で7000円もしたのには少々びっくり。他国には有名だけど自国では、それほど消費はされていないんじゃないかしら。
ということで、そこに行ってみて初めてわかるお国の事情というやつですかね。

肥満とファッション_カナダ2

借りていたマンションは高級住宅街にあり、暇が出来るとこの街に触れたくてすぐにウインドウショッピングに出かけ、あちこちを惜しむように見て歩きました。パン屋さんも近くに3件もあり中をのぞくとヘルシーな胚芽入りや雑穀入りのパンが並んでいました。カナダもかなりナッチュラル嗜好になっているのがわかります。でもベリー類がたくさん練りこまれ、おまけに甘そうなぺストリーがたっぷりかかったケーキに変わらないパンもたくさん売れていそうでした。ヘルシーなパンは、かなり粉、本来の香りと味がして美味しくいただきました。街のいたる所にカフェがあって外のテーブルには若い人たちが楽しげにおしゃべりを楽しんでいて、素敵ないい光景です。私は海外に行くと決まって必ず外の椅子に腰掛けてコーヒーを注文し街行く人のファッションを眺めるのが大好きです。まるで自分も、その国の一員でもあるかのようで、いい気分に浸ることが出来るからです。いいセンスの人もいれば、おかまいなしの人もいます。でも、ここでは若い女性の肥満が気になりました。そんな人は、たいがいファッションに無関係の格好をしていました。肥満の人は「どうでもいいやぁ~」という感じになってしまうのでしょうか?
聞くところによれば、フライドポテトをとにかくよく食べるそうです。外食でも多くの人がワンプレートに、あふれんばかりの食べ物をのせて食べていました。何をどれだけ食べればいいの?どうもカナダも食育の必要が、かなりあると思いました。

固かった豆腐 in カナダ

カナダから帰ってきました。仕事と合間の観光を兼ねての9日間の旅でした。
5年前にも行っていたのですが今回は高級住宅街にマンションのお部屋を借りることが出来たため、よりカナダライフを楽しむことが出来ました。一歩外に出ると、もうそこにカナダがある、という感じです。街ゆく人のファッション、食べ物が時かに肌で判ります。中でも一番感動したのは、なんと豆腐。
今までに、あんなに美味しい豆腐を食べたことがありません。かつお節とおしょうゆをかけて冷奴にすると、その美味しさがさらに際立ちます。大豆の香りが漂い大豆の甘みがグッと凝縮されて、半分があっという間になくなってしまいます。「あぁ、しっかり植物性タンパク質をとったぁ~」という満足感!
なぜにこんなに美味しい豆腐がフツーに八百屋やスーパーで売っているのでしょうか。それは、もう人口の半分近く占めている中国系の人々のせいだったのです。ですから本場仕込みの豆腐があっても当然です。
洋とアジアの食材が特別な違和感もなく並んで売られていますから種類も多く野菜にしても果物にしても、その数はびっくりします。
でもあちらでの豆腐の食べ方はいろいろ。炒めたり、ペーストにしたり、サラダに混ぜてドレッシングで食べたりしているようです。でもなんと言っても冷奴で食べて欲しい。
ともあれあの感動の冷奴はカナダに行かないと食べれないなんて実に複雑な気持ちです。次回から心に留めたカナダレポートを少しづつ書くことにします。時差ボケがなくって良かった!
プロフィール

reikoueda

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ