もうあれから__やっと元気になりました。春も近づいてきました。オーバーやダウンジャケットはクリーニングに。セーターは自分で縮まないテクニックで洗います。春は心が、ソワソワしてきて、ちゃんとちゃんとしないとね~と言っているかのような気にさせられます。お正月とは違った新年です。大学に合格したお祝いに現金に添えて、桜ごはんを差し上げました。桜のまだ咲かないこの時期のお祝いにはお赤飯ではなく、あえて桜ごはんが驚きで喜ばれます。
桜の塩漬けは前年から仕込んでおいたのを使います。八重桜を摘んで来て塩をまぶして重石をして一晩置きます。翌日、水気をしっかり絞って今度はたっぷりの粗塩をまぶし、梅酢を少々加えてビン詰めします。こうしておくときれいな桜色のまま3~4年は保存できます。
桜茶やおすましに出番待ち。
季節を食卓に写すと四季の移り変わりが敏感に感じることの出来る日本の心が宿ります。さぁ、もうじき、うども菜の花など春野菜もでそろいます。
春がやっとやってきてくれます。