2006年06月

自分らしい暮らし

忙しい日々が追いかけてきます。「あぁー疲れたぁ~」と玄関に入ると、もうわが空間。仕事の緊張も運転の疲れもドッとゆるんでくるのがよく分かります。ホッとするこの瞬間がこよなく好きです。でも夕食の準備もこれから、居間も散らかってる、キッチンのガステーブルも汚れてる、、、、では帰ってきてもホッとなど出来ません。それどころかストレスが倍増してきます。私は仕事が立て込みそうだな?と思ったら、いつの頃からか暮らしを前に、前に持ってゆくようになりました。つまりししゃものマリネや卵みそなどの保存のきくおかづを多めに作っておいたり、部屋は出来るだけ小まめに片付けたりテレビや機器のホコリを払ったりして、こざっぱりとさせる工夫をしてきました。そしてなぜか忙しいほどタペストリーを夏向きに換えたり岩手で見つけたお気に入りの風鈴を吊るしたりして暮らしを夏向きに彩ったりするのです。
そうして暮らしをいい空間にしておかないと、いい仕事もいい食事も出来ないことを長年のうちに知ってしまったようです。自分をイヤな穴に落とし入れたくない自衛策でしょうか。
自分の住みかは、あくまで居心地がよく、いやになるほど自分らしく、あり続けたいと思うのです。

やせる方法

講演で話をしているとレジメを脱線してドンドン話が進んでしまう事がよくあります。それはほとんどやせる方法についてです。このことについて触れると今までボンヤリ聞いていた人も急にイキイキとしてメモを取り始めたり、大きくうなずく人が出てきたりしてなんだか今までよりもずっと活性化するのがよくわかります。こちらもいい調子になって会場は一体化してきます。こうなってくると講演は大好評のうちに終わることになります。こちらも大方の人に喜んでもらえて、それなりの達成感が持てるわけですが、でも本当にやせ願望の人が多いと感じます。さてさて、やせる方法ですって!それは<具だくさんのスープをお腹いっぱい飲んでから>食事を始めることです。こうすると食欲中枢が満腹になり、あまり食べなくても満足してしまうようになります。こうして2~3週間過ぎると何と大抵は2~3キロはわけなくやせることが出来ます。ビタミンも沢山とれます。さぁさ、薄着になる真夏ももうじきです。今年はちょっとスリムな夏を過ごしてみませんか?

初心に帰る大切さ

しばらく休んでいたぬか床をイソイソと取り出してみた。今年はかぶもきゅうりも安いということもあるけど、何と私をかき立てたのは、去年結婚したばかりの姪のお陰なのです。久しぶりに実家に帰ってきて会った時のこと。どんなもの、食べてるのか興味あるなーと言ったら彼女、いわく【大したものは、出来ないけど彼が大好きなぬか漬けだけは、ちゃんと作ってるの。美味しいーと言って食べてくれるので、うれしくってー」だって!とっても幸せそうな笑顔がたまらなくステキでした。聞くとかぶを1個ときゅうり1本を大切に分け合って食べているとか。ガァーン!!です。なんということか、私は日々の生活に追われて【そんなモン、後回し」といつも思っていてぬかを休んでいたのです。
料理を教えている私が、何たることか!深き反省しきり。
という事で取り出してみたぬか床はカビも生えていず新鮮そのもの。早速半分を新しいぬかと塩を足して入れ替え替え、かぶときゅうり、なすを漬け込みました。さぁ、どんな味に出来るか、翌日取り出してみて食べてみたのです。
ウーン、美味しい!忘れかけていた初夏の香りと味が漂いなんだか、とっても
大切な事取り戻した気がしました。私は姪から初心に帰る事の大切さを教えられたのです。
プロフィール

reikoueda

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ