2006年03月

大好きな時間

料理の本が出ます。その校正がやっと終わりました。3ヶ月前に私の手元を離れた原稿をもう一度見直す作業です。80もの野菜メニューです。実のところ、もう忘れていたものもあったのですが、改めて見直すとどれもこれもカンタンに出来て美味しかったものばかりです。パスタ料理やお肉料理の方が華やかで喜ばれるのかも知れませんが、あえて今回も又野菜ばかりの本になりました。役立ちの一言メモも随所に入れてあります。校正をしていると自分らしい表現の仕方や書き方がみえてきて時々苦笑していました。アイロンをかけながら洗濯物を取り入れながら圧力鍋ではさんまのしょうが煮がフツフツいってます。こうして家事をやりながら仕事の段取りやテレビ用のレシピの企画が出来上がっていきます。
大好きな私の時間です。本のタイトルは、いくつか候補があってまだ未定です。
この野菜の本は4月中旬に出版予定です。

桜を味わう

いつも春の到来を心待ちするこの時期に桜のお茶を楽しむことにしています。塩漬けにしておいた桜の花びらを1枚ティーカップに入れて熱いお湯を注ぎます。すると、エーッと思うほどの桜の香りが漂ってきて春爛漫を舌で体で感じるのです。
もともと桜湯はお祝いの席で出されるものですが、お茶だけでなく桜ごはんにしたり白身の魚にのせて蒸したりしています。炊き立てのご飯に塩漬けの桜を加えてさっくりと混ぜると、たまらないほどの香気が立ち込めます。それを黒塗りの器に盛ると薄いピンク色が際立ち、もう食べるのは止めよう、と思うほどきれいなのです。1年に一度しかない桜の季節は人が期待していたほど長くは続かず、つかの間に散ってしまいます。満開を過ぎた頃に摘んでたっぷりの塩をからませて置くだけで、こんなにも楽しむことが出来るんです。八重桜のあるお宅の人とは仲良しになっていた方がいいかも?

旅で元気をもらう

少しの休みを利用して九州に旅立ちました。思いっきりの海と奥深き山の両方を味わいたいと天草列島とかなりの人気の黒川温泉です。天草は5島が橋でつながれてからは、かなり便利に楽しめる所になったようで真ブルーの海と空の下をフェリーで周り春満開の山桜と椿を堪能し、期待の新鮮な魚は美味しいと一言で言うにはもったいないほどの贅沢な味でした。鯛のお造りはさとう水をふりかけたかのようにどこまでも甘くてコリコリとした歯ごたえは筆舌でした。さてもう一方の黒川温泉は山深く囲炉裏の宿の良さを味わいました。木と木綿と荒壁と炭の燃える人肌の温かみが印象的で木戸を開けると露天風呂というスチュェーション。食事は川魚と野菜を囲炉裏で焼いたものや創作料理が良かったです。特に美味しかったのは竹の子を皮付きのまま焼いもの。これはかなりショックを受けました。何のことは無い料理がこんなに美味しいのか、と思いましたね。素材を生か焼いただけのものは料理とはいえないかもしれないけど、そこにはピンと研ぎ澄まされたセンスがにじみ出ていました。
阿蘇の壮大な春の原風景を楽しんで5泊の旅を堪能してきました。
こうして旅をすると自分のポジションがはっきりしてきて、さぁ又頑張ろうと思うのです。
うーん文句なしに旅はいい。

丸ごとがいい

やっとキャベツもお安くなりました。野菜の在庫がないと家事も仕事ものりません(変な私)。2日前2個も買ってしまったのでキャベツを丸ごとお鍋に入れてベーコンを加えコトコト煮ました。これが美味しくってペロリと平らげてしまいました。次の日はかぶを丸ごと同じように煮込みました。これもやめられないほどの味になり今度は丸ごと、なにに挑戦しょうかと思っていたら夜中にふと思いつきリンゴ丸ごとパイを作ってみました。パイシートを広げチーンしたリンゴとシナモンシュガーをふりかけシートで包むんです。30分後出来た、出来た。夜中に食べたアップルパイは最高でした。私っておかしくて気にしているものは夜中に起き出して作ってしまうんです。ヒット作はこんな風にして真夜中に出来ることが多いのです。そうそう野菜を煮込む時はコンソメを1個入れるとgoodです。では又 れいこ
プロフィール

reikoueda

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ